スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M「関ヶ原」と「てんびん東照宮」(幣立神宮も登場)M

  • 2009/01/21(水) 05:47:26

「天下分け目の関ヶ原」
日本の方向性を決めた、シンボリックな戦いだったと思います。
一本ラインを引いて、決戦の地「関ヶ原」を拡大すると、

関ヶ原拡大日光京都.jpg
日光東照宮と京都のししんでんを結んだ青いライン。
そのラインが関ヶ原の「家康の陣地」をかすめるのはもちろん、
関ヶ原自体も「日光―ししんでん」ラインが通ってます。
「京都」「日光」を意識して、
「陣を張った」「戦場を決めた」などとは申しませんが、
この決戦の結果、日本の中心が「京都」から移動した、
と考える事もできるので、ちょっと面白いと思いました。

「日光―京都」の青いラインと同じような軌跡を走る、
あるラインがあります。 (スタートは同じく日光です)
関ヶ原拡大伊勢出雲二等分ライン.jpg
こっちのムラサキラインは石田三成の陣地に近いですが、
青ラインと同じように関ヶ原付近を通っています。
俯瞰してみると、
伊勢日光出雲二等分ライン.jpg
日光東照宮と「伊勢内宮」を結んだ水色ライン
「出雲大社」を結んだオレンジライン
それを正確に二等分するのがムラサキのライン。
日光からの方位角「242°24′41.715″」ラインです。
(計算で出ないので正確には「242°24′41.72″」です)
ムラサキとほとんど重なってる青いラインが「日光ししんでんライン」です。  
EQUALJAPANに載せた魔方陣
「てんびん東照宮」では、
「江戸城・日光東照宮・京都御所」を結んだ角度を、
ちょうど二等分するラインが、
「日光→(世良田東照宮)→久能山東照宮ライン」とほぼ重なるってヤツでした。
「日光東照宮」が角度を半分にしている例は、
他にも出てきたので偶然じゃないと思ってます。
「伊勢・国会議事堂・出雲」を二等分するのが、
「宇治平等院」「錦之宮・至恩郷」という
ちょっと妄想気味な魔方陣もありました。
「西から飛んできた国会?魔方陣」

今回のムラサキの二等分ラインは、
さっきの青い「日光京都ライン」にほぼ重なるようなので、
「京都」を通るはずです。
京都拡大伊勢出雲二等分ライン.jpg
「洛中」を通ってたら、ちょっとリアリティ増したと思うんですが、
実際は「洛北」の部分しか通ってませんでした。
ちなみに「日光ししんでんライン」は角度を、
「15.7113…度」「16.2191…度」に分けます。
2つの角度の誤差3.2322…% 3%ぐらいです。
そんなに大きくない誤差?と個人的には思います。

「関ヶ原」「京都」を過ぎて、
九州まで伸ばすと、前回出てきた「幣立神宮」
ラインから2.7kmぐらいの位置にあります。
幣立拡大伊勢日光出雲二等分ライン.jpg
天孫降臨の高千穂の神社が、
ラインから9kmなので、それより近いってレベルです。
前回の魔方陣で「幣立神宮」は、
「伊勢内宮」「出雲大社」とつながると推測した神社なので、
全くの無関係とは思えないような気がします。
でも世間的には「間違いなく偶然」でしょうね(笑)
まぁしょうがない話ですが。
もっとたくさん「日光」「幣立」の接点を見つけて、
「EQUALJAPAN」に載せられるようになればいいんですが、
今のところはここに載せときます。

日光伊勢出雲幣立俯瞰.jpg

  • テーマ:

  • -
  • ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。