スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S 富士・日光・伊勢 二等分ライン S

  • 2009/07/18(土) 18:54:00

今回も二等分ラインです。
二等分ラインとはある角度を正確に二等分するラインの事です。
江戸と京都を二等分する「日光→久能山東照宮ライン」
東国三社を二等分する「息栖神社―日光東照宮ライン」
三輪山・籠神社を分ける「神島―日光ライン」
香取・伊勢と「鹿島→天之日津久神社ライン」
黒住・綾部大本と「金神ライン」
綾部大本・天理と「錦之宮→金光ライン」
などなど。

今回は「富士山」と「日光」を二等分します。
ラインは「金神セントラル→鹿島神宮」です。
(金神セントラルとは?)
富士セントラル日光俯瞰.jpg
もちろん二つの角度には多少の誤差はあります。
日光・セントラル・鹿島 「13°26′42.70″」 13.497…度(10進法)
富士・セントラル・鹿島 「13°29′49.54″」 13.445…度
0.386…%のかなり小さな誤差です。
正確に二等分するラインは鹿島神宮の南方600mくらいを走ってます。
富士セントラル日光鹿島拡大.jpg

また以前も書きましたが、
鹿島神宮の緯度は「35°58′07.70″」
金神セントラルは「35°56′26.83″」でほぼ同緯度です。
と言ってもラインは真東に走ってるわけじゃないです。
(方位角 88°07′10.46″)
もし2点が同緯度でも90度にはなりません。
また地図によく引かれてる経線と重なりません。
↓地図で表すとこんな感じです。
金神セントラル同緯度90度2.jpg
経線(横の線)と平行じゃないのが判ると思います。
こうゆう部分が地図のめんどくさい所ですが、
正確にはそんな感じです。

日光と富士の魔方陣はあったはずですが、
今までゴチャゴチャ発見しちゃったんで、
どこにあるかわかりません(笑)
お時間ある方は探してみてください。



もうひとつは、
誤差大きめですが
「日光」と「伊勢内宮」をイチオウ二等分する
「金神セントラル→久能山東照宮」です。
内宮セントラル日光俯瞰2.jpg
日光・セントラル・久能山 「36°37′06.34″」 36.618…度 
内宮・セントラル・久能山 「35°17′32.69″」 35.292…度
誤差は3.757…%で、さっきの10倍近くあります。
ちなみに正確に二等分するラインは、
上の地図でほぼ青ラインに重なってる水色ラインがそれです。
久能山東照宮から3.3km離れた位置にあります。
内宮セントラル日光久能山拡大.jpg
誤差3.8%で二等分?って感じですが、
東西の太陽神を二等分するのは注目です。
最初に書いたように「日光→久能山」ラインは、
京都と江戸を二等分します。その久能山を使ってるのも面白いです。
まるでこのあたり(駿河)を東西の分け目と考えてるみたいです。

最近なぜか王仁三郎に対する興味が急降下してるので、
王仁三郎発信の「金神セントラル」を取り上げてもイマイチ、
テンション上がりません。
今回のヤツはかなり前に発見してたみたいです。
たぶんもっと面白いのが見つかったんで、後回しにしたんでしょうね。
それとも、すでに以前の記事で発表したのに
忘れてるだけだったりして(笑)

  • テーマ:

  • -
  • ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。